フランス語の単語【貝類・甲殻類】など海産物の名前

みなさん、こんにちは。

今日はフランス語の単語集【貝類・甲殻類】の名前です。

 

フランスは、食用にする魚の種類はそんなに多くはないのですが、貝甲殻類は意外にも多種類が食べられています。(とは言っても、やっぱり日本ほど豊富じゃないですけどね!)

ということで今回は、パリのお魚屋さんで見かける「海の幸」を中心に、サカナ以外の海の生物をリストにしてみました。

ヒトデ「海の星」やナマコ「海のキュウリ」など、なにやら可愛い名前もありますよ。

それではどうぞ、ごらんください♪

 

スポンサーリンク

Fruits de mer ♂ 海の幸

海の幸 Fruits de mer ♂フりゅイ ドゥメーる
貝類・甲殻類など。魚類以外の海産物

甲殻類 Crustacé ♂クりゅスタセ

ヤドカリのフランス語

エビ Crevette ♀クるヴェットゥ
アカザエビ Laongoustine ♀ロングスティンヌ
イセエビ Langouste japonaise  ロングスト ジャポネズ
オマールエビ Homard ♂オマーる
ガンバエビ Gambas ♀ガンバス
クルマエビ
(シータイガー)
Crevette impériale  クるヴェトゥ アンペりアル (impériale 皇帝の)
ブラックタイガー Crevette tigrée ♀クるヴェットゥ ジェオントゥティグれ
(tigré トラ模様の)
カニ Crabe  クらブ
イチョウガニ Tourteau ♂トゥるトー
ズワイガニ Crabe des neiges  クらブ デネージュ
「雪のカニ」
タカアシガニ Araignée de mer アれニエ ドゥメーる
「海のクモ」
タラバガニ Crabe royal de Kamtchatka /Crabe de Staline クらブ ろワイヤル ドゥ カムチャカ
/ スタリンヌ
ヤドカリ Bernard-lhermite  ベるナーる レるミットゥ

貝類 coquillage ♂コキヤージュ

カキのフランス語はユイットル

貝殻 coquille コキーユ
coquillage ♂コキヤージュ
二枚貝 coquillage bivalve  ♂コキヤジュ ビヴァルヴ
巻貝     coquillage univalve ♂コキヤジュ ユニヴァルヴ
アサリ Palourde  パルるドゥ
アワビ  Ormeau /
Oreille de mer 
オるモー
♀オレイユドゥメーる
「海の耳」
アサリ Palourde  パルるドゥ
カメノテ Pouce-pied  プースピエ  
pouce♂親指
ツブ貝 Bulot ♂ビュロ
ハマグリ Clam  ♂クラム  
大きいPalourde Clam 
ホタテガイ Pétoncle japonais ペトンクル 
ホタテ Coquille Saint-Jacque  コキーユサンジャック
corail ♂卵巣
noix ♀貝柱
マテガイ Couteau de mer  クトードゥメーる
「海のナイフ」
ムール貝 Moule ♀ムール

その他の海産物

ヒトデのフランス語

イカ(ヤリ)  Calmar ♂カルマーる
(商用状態で Encornet♂オンコルネと呼ばれたりする)
コウイカ  Seiche セシュ
タコ Poulpe  プルプ
ミズダコ Pieuvre géante  ユーヴるジェオントゥ
クラゲ Méduse ♀メデューズ 
ギリシャ神話のメドゥーサ
サンゴ Corail (-aux pl.)  ♂コらイユ
ウニ Oursin  ウるサン
ヒトデ Étoile de mer  エトワル ドゥメーる
「海の星」
ナマコ Concombre de mer  コンコンブる ドゥメーる
「海のキュウリ」
イソギンチャク Anémone de mer ♀アネモンヌデゥメーる
「海のアネモネ」
(海藻) algues  pl アルグ
コンブ Konbu ♂コンビュ
ワカメ Wakame  ワカメ
ヒジキ Hijiki ♂ヒジキ

おわりに

フランス人は海のものを食べる頻度はそう多くない印象ですが、甲殻類は魚に比べるとよく食べられている気がします。ムールはもちろん、生ガキ、つぶ貝、ホタテが安定して人気。値段ははりますが、えび・カニ系も充実しています。

中でもおすすめはやっぱり生ガキ。Rの付く月がカキの食べ月だといいますが、最近はレストランで年中食べられます。チャンスがあれば、ぜひ食べてみてくださいね。そうそう、カキには絶対に白ワインを忘れずに。それではまた次回♪

関連記事

  みなさん、こんにちは。 今日はフランス語の単語集【魚類】の名前です。 魚類もほかの生物と同様に、正確な種は日本とフランスでは違ってきますが、できるだけお互いが理解しやすい名前でのせるようにしてあります。 […]