フランス語で「ごますり」なんて言う?

ちょっとフラ語表現【ごますりな人】てどう言う?

みなさん、こんにちは。本日紹介したいフランス語表現は「ごますり」です。

上の人にうまく媚びへつらう人のことを、日本語で「ごますり」と呼んだりしますが、さてさて、フランス語では何というのでしょうか

スポンサーリンク

【ごますり】をフランス語で言ってみる。

「ごまする」人、 

« FAYOT »  ファイヨ

といいます。

 

フランスでは、学校で先生に気に入られようと良い生徒ぶる子が fayot の代表なようですが、

もちろん、会社で上司に媚びへつらう人のことも fayot 表現されます。

 

使う場面は日本語の「ごますり」と同じです。

ほめ言葉というより、少し軽蔑的な響きが漂う点も同じ。

 

fayot は「乾燥インゲン豆」のことで、むかしは船乗りたちの食料でした。

航海ごとに契約更新しなければならなかった船乗りたちの中には、いつも船長に気に入られようとする船員がいます。

そうして契約更新に成功するゴマすり船員は、毎回港で積み込まれては食卓に登場し、船員たちをウンザリさせる「乾燥まめ fayot」の様だということから、この表現ができたといいます。

 

 

« un fayot » は名詞で「ごますり」な人のこと。

Cest un fayot !

あいつ、ごますりだよ。

 

« le fayotage » は「ごますり」行為のこと。

Le fayotage, cest pas mon truc.

ごますりは、僕の特技じゃないね。

 

動詞は « fayoter » で「ごまをする」。

Si tu veux réussir au travail, il faut apprendre à fayoter.

仕事で成功したいなら、ごまするのを覚えなきゃだめだよ。

 

他にも「ごますり」の表現に、

« lèche-bottes » 靴をなめる人や、

« lèche-cul » お尻をなめる人(コレは汚い言葉)

という表現もあります。

 

 

jaime pas les fayots…  ごますりな人は好きじゃないね…など、

« un fayot,  le fayotage,  fayoter » をつかって色々作文してみてくださいね。