フランスギャング映画のカルト作【現金に手を出すな】あらすじ感想

 

フランス流ギャング映画の親玉作品。

ギャバンが俳優としてのキャリア再出発に成功し、ヴァンチュラが俳優人生を歩むことになったデビュー作。50年代のパリの文化背景が色濃く見え、時代を強く意識させる作品です。

原作はアルベール・シモナンの同名ベストセラー小説。彼は「フランス流ギャング小説の親」と言われています。

映画オリジナルではギャング界の用語がガッツリ使われていて、フランス人にとってはかなり渋い出来ばえの映画。

のちに彼がセナリオを、ミシェル・オディアールが会話を担当した映画 Les Tontons flingueurs (←日本語訳版ないです、残念) もギャング用語が満載で、本作品と共にフランスではカルト的人気を得ています。

 

スポンサーリンク

作品情報

【現金に手を出すな】

原題 ⟪ Touchez pas au grisbi ⟫
監督 ジャック・ベッケル
原作 アルベール・シモナン
出演   ジャン・ギャバン     
     ルネ・ダリ               
     リノ・ヴァンチュラ 
     ジャンヌ・モロー    

公開年  1954年
上映時間 94分
ジャンル ギャング

あらすじ

初老ギャングのマックス(ギャバン)リトン(ルネ・ダリ)は20年来の相棒。彼らはギャング引退の最期の仕事にと、5000万フラン相当の金塊の盗み出しに成功したばかり。世間の事件への熱が冷めるまで、その金塊は隠しておく予定だった。

しかし、元来オッチョコチョイのリトンは、金塊の話を愛人ジョジィ(モロー)に話してしまう。ジョジィは別のギャングのボス、アンジェロ(ヴァンチュラ)の女でもあったので、情報はもちろんアンジェロの耳に。アンジェロはその金塊を横取りしようと企む。そしてリトンは、自分のヘマを拭おうとアンジェロの元に単独乗り込むが、逆に拉致されてしまう。

拉致された長年の相棒を放っておけないマックスは、アンジェロの要求する、金塊とリトンとの交換を受け入れる。その交換のランデブー現場 : 金塊はアンジェロに引き渡され、無事にリトンがチームに戻って来た。受け取った金塊を車に積み、大人しく立ち去ったように見えたアンジェロ組だったが…

感想

この作品が特別に有名なのは、ギャバンヴァンチュラにとっての成功作であったからではないかと思います。

ギャバンは第2次対戦中アメリカに移住しており、戦争後半には自由フランス海軍にも参加しました。戦後フランスに帰って来て俳優活動を再開します。

しかし、仕事はそう簡単ではなかったのです。長くフランス俳優界を留守にしていた間に、新しい有力な若手の俳優が出て来ていたこと、そして彼自身、軍隊経験からかすっかり老け込んでしまっていたのです。その後ギャバンは、俳優界における自分の立ち位置とキャラを模索する時期が長く続きました。

そして本作。これで彼は完全復帰に成功します。彼にとっては自分のイメージを確立できた作品。説得力のある存在感、威厳、人情。ここからギャングものにギャバンは欠かせなくなります。

この作品では助演の扱いだった、リノ・ヴァンチュラ。彼にとっての俳優デビュー作です。これまで彼はレスリングが本職のスポーツマンだったのですが、怪我をして引退。そこから偶然この作品に出演する機会があり、コレが当たりました。

ギャバンに認められたこともあって、あれよあれよと言う間に大俳優になります。本作35歳くらいのデビューなので、この歳から大成するとは、ほんと才能があったんでしょうね。

 

さて、作品自体ですが、シナリオは悪くないです。2箇所ほどダラッとするパッセージがありますが大丈夫。そんなに苦痛ではありません。

フレンチギャング映画の典型と言われるこの作品。このギャバンの演技が、仏ギャング映画を確固たるものにしたと言えそうです。彼、この作品ではかなりマッチョ炸裂でした。美女どもの顔にバシバシ平手打ち食らわしてましたから… 紳士的ではないですねぇ。

ヴァンチュラは少々演技がぎこちないのが見てとれますが、早くもギャバンに負けない存在感を放ってます。ギャング陣に華を添える女優たちも、美人ぞろい。ジャンヌ・モローは初々しくて可愛く、ギャバンの愛人でチョイ役のマリリン・バファードはむっっちゃ美人でした。でも美女たちの衣装と髪型は、ありえないくらい古クッサかったです。