ちょっとフラ語表現【カッコつけ】てどう言う?

みなさん、こんにちは。本日のフランス語の表現は「カッコつけ」です。

人目を意識してカッコつけてるんだけど、実際は人目が全然気にならず自己表現を楽しんでる彼ら。

さてさてフランス語では何と言うのでしょうか

 

スポンサーリンク

【カッコつけ】ってフランス語でどう言う?

 

「カッコつけ」の目立ち男は、

« FRIMEUR »  フリムー

といいます。

 

frimeur は日本語の「カッコつけ」と同じで、

背景に「ぶってる目立ちたがり」のニュアンスがあります。

 

何が「カッコつけ」になるかは、個人の価値観によるので色々なパターンがありますが、

主に高価な身なり・気取り・自慢話などで「かまして人目を引こうとしてる人」を表現できます。

 

フランスで frimeur の典型はオープンカーの男でしょうかね。

曇っていてまだ肌寒い時期に、こういう場面にでくわすと、男は間違いなく frimeur 呼ばわりされます。

「かっこつけ」をフランス語でいう。

 

« un frimeur » は男性形「カッコつけ男」

« une frimeuse » で女性形「カッコつけ女」

名詞・形容詞としてつかえます。

 

Quel frimeur, ce mec !

なんちゅうカッコつけや、この男!

 

« la frime » で「カッコつける事」。

Arrête ta frime !

なにカッコつけてんだよ~!

 

動詞は « frimer » で「カッコつける」。

– Tu vas à la gym tous les jours ?
– Oui, je veux me muscler pour frimer sur la plage.

– 毎日ジム行ってるの?
– うん、ビーチでカッコつけるために筋肉つけたいんだ。

 

ちなみに frimeur と似た意味で、

« mas-tu-vu »   (n.adj.)

というのもあります。

「僕を見たかい?😎」って質問できる人のことですね…

 

ぜひ、目立ちのカッコつけ « un frimeur / une frimeuse » « la frime »« frimer »  をつかって作文してみてくださいね!