サン=テグジュペリの名フレーズ で学ぶフラ語。

名言で学ぶフランス語【サン・テグジュペリ】編

 

みなさん、こんにちは。

今日のフラ語の勉強は【Antoine de Saint-Exupéry サン・テグジュペリの名言】から。

 

フラ語の勉強していると、皆一度は原文アタックするだろう『星の王子さま』の著者サン・テグジュペリ。

飛行機が好きでパイロットでもあった彼は、44歳で消息を絶つまで、数多くのステキな名言を残しました。

今回はその中からいくつか紹介します。

日々のフラ語勉強の一環に、楽しんでもらえたら幸いです♪

 

スポンサーリンク

名フレーズで学ぶフラ語【サン・テグジュペリ】編

« Fais de ta vie un rêve, et d’un rêve, une réalité. » 

「人生、夢をみなさい。そして、夢を現実になさい。」

 

 飛行機が好きだった男の子の様子が目に浮かぶ文です。

vie♀人生・生活」
rêve♂夢」
réalité♀現実」

 

« La vérité de demain se nourrit de l’erreur d’hier. »
Pilote de guerre

「明日の真実は、昨日の過ちを糧とする。」

vérité♀真実」
se nourrir de qc.「〜で栄養を摂る」
erreur♀間違い」

 

« Les yeux sont aveugles. Il faut chercher avec le cœur. » Le petit prince

「目では見えない。心で探さなきゃ。」

 

œil/yeux (pl.)♂目」
aveugle盲目の」
Il faut +inf.〜する必要がある」
couer♂心」

   

« L’éducation passe avant l’instruction, elle fonde l’homme. »  Les carnets

「徳育は知育よりも大切。それが人間を作り上げるから。」

 

これは éducationinstruction の意味の違いがよく出てる文です。

 

 passer avant 「〜より重要」も便利な表現。

Ex. : Mon copain fait passer son travail avant moi.
彼、私より仕事が大事なのよね…

 

éducation♀徳育・しつけ」
passer avant qn/qc〜より重要だ・〜の前を行く」
instruction「♀知育・教育」
fonder基礎を築く」
l’homme♂人間」

 

« Il est bien plus difficile de se juger soi-même que de juger autrui. » Le petit prince

「自分自身を裁く方がずっと難しい、他人を裁くよりもね。」

 

 文の骨格は Il est plus difficile A (de+inf) que B (de+inf.) の比較級文「AはBより難しい」。

 Il は非人称主語で指す内容は A「de+inf. 」

bien「ずっと、もっと(強調)」
plus difficileより難しい」
juger「裁く・評価する」
soi-même「自分自身」
autrui「他人」

 

スポンサーリンク

« On ne voit bien qu’avec le coeur. L’essentiel est invisible pour les yeux. » Le Petit prince

「心でしかよく見えない。大切なことは目には見えないんだ。」

 

 星の王子さまと言えば、このフレーズ。

voir見える・見る」
ne… que…〜しかない」
coeur♂心」
essentiel♂最も重要な点」
invisible目に見えない」

 

« Faites que le rêve dévore votre vie afin que la vie ne dévore pas votre rêve. »

「夢が人生を食い尽くすようになさい。人生が夢を食い尽くしてしまわないように。」

 

命令形で始まっている文です。

「afine que 〜のために」のあとは接続法です。

dévorerむさぼる・食い尽くす」
afin que + subj.〜するために」

 

« Aimer, ce n’est pas se regarder l’un l’autre, c’est regarder ensemble dans la même direction. » Terre des hommes

「愛する、それはお互いに見つめ合うことではなく、一緒に同じ方向を見ること。」

 

ケンカばかりしてるカップルへ。

se regarder見つめ合う」
l’un l’autreお互いを」
ensemble一緒に」
même「同じ」
direction♀方向」

 

« La beauté du corps est un voyageur qui passe, tandis que la beauté du coeur est un ami qui reste. »

「外見の美しさは通りすがりの旅人、だけど内面の美しさはずっと一緒にいる親友なんだ。」

 

外見美は旅人って、どうしたらこんな美しい表現が思い浮かぶんでしょうね。

ここは「A, tandis que B」で「B であるのに A だ」と対立を表現してます。

 

beauté♀美」
corps♂身体」
voyageur(euse)旅人」
passer通る」
tandis que〜である一方 (対立)」
resterとどまる」

 

« Toutes les grandes personnes ont d’abord été des enfants, mais peu d’entre elles s’en souviennent. »Le Petit prince

「大人だってみんな最初は子供だった。だけど、それを覚えている大人は殆どいない。」

 

 そう、どんな意地悪ジイさんにも、無邪気で夢見がちなコドモ時代がありました…

tout(e)「すべての」
grand(e)「大きい」
personne「♀人」
d’abord「まず・はじめに」
enfant「♂子ども」
peu de…ほとんど〜ない」
se souvenir de…〜を覚えている」

 

« La vérité, c’est ce qui simplifie le monde et non ce qui crée le chaos. » La terre des hommes

「真実は、世の中を明快にするものであって、混乱を生むものではない。」

 

vérité♀真実」
simplifier簡単にする・単純にする」
monde♂世界・社会」
créer創造する」
chaos[ka.o]♂混沌・カオス」

 

« J’ai toujours aimé le désert. On s’assoit sur une dune de sable. On ne voit rien. On n’entend rien. Et cependant quelque chose rayonne en silence… »

「僕はいつも砂漠が好きだった。砂丘の上に腰を下ろす。何も見えず、何も聞こえない。だけど、何かが静かに光り輝いてるんだ。」

 

この “On” は不特定の人をさします。漠然と「ぼくらは…」みたいな感じ。

toujoursいつも」
désert♂砂漠」
s’assoir座る」
dune♀砂丘」
sable♂砂」
voir「見える」
entendre聞こえる」
cependantしかしながら」
rayonner放射する・光り広がる」
en silence静かに」   

 

 

おわりに

サン・テグジュペリの名文はどれも本当に美しいです。特に『星の王子さま』は内容・挿絵ともに完成度が高く、世界中の言語に翻訳されています。私はこれが原書で読みたくてフラ語の勉強を始めた様なもの。基礎文法を一通り学び終わった頃に、辞書両手にヒーヒー言いながアタックしたのを覚えています。メッセージ性の強い作品で、大人でないと味わえない、かつ大人の鑑賞にたえうる唯一の童話だと思います。まだちゃんと読んだ事ないぞ、という方はぜひ一度読んでみてくださいね!

 

参考参照・Le figaro.fr-citations-Antoine de Saint-Expéry