フランス語の名言「友情」編

名言・名フレーズで学ぶフランス語【友情・人間関係】編

みなさん、こんにちは。本日は名言・名フレーズで学ぶフランス語【友達・人間関係】編です。

フランス語の勉強にもなるように、できるだけ短めで使い回しのききそうな文をピックアップしています。

それではどうぞ、ごらんください。

スポンサーリンク

フラ語の名言【友情・人間関係】編

« Les ennemis de nos ennemis sont nos amis. »  Proverbe

 

『敵の敵は味方』

有名です、この言い回しはきっとどの言語にもあるんでしょうね。

ennemi(e)  敵

 

 

« Le malheur des uns fait le bonheur des autres. »   Voltaire

 

『他人の不幸は蜜の味』のような意味ですね、こわいコワイ…

直訳は「一方の不幸は、他方の幸せになる」

代名詞 les uns / les autres が前置詞 de とくっ付いて des になっています。

 

 

« Avec le temps, les amis changent… Certains mûrissent, d’autres pourrissent ! »   Anonyme

 

『時と共に、友達らも変わってゆく。円熟してゆく友もいれば、朽ちてゆく友もいる。』

なるほど…

Certains…, d’autres…「〜もいれば〜もいる」も les uns / les autres と同様に「一方と他方」を表します。

 

mûrir  「熟成する・大人になる」
pourrir「腐る・ダメになる」

 

 

« On fait toujours plaisir en allant voir un ami. Si c’est pas en arrivant, c’est en partant. » Léo Campion

 

直訳『友達に会いに行くことが、相手を喜こばせるのさ。もし到着時でないとすれば、立ち去る時にはね。』

本来仲の良い友達だと再会を喜び、別れ際を惜しむもの。ですが、この文意はちょっと皮肉で、相手に到着際の再会を喜ばれない場合には、帰り際で喜ばれるよってことです。でもそんなの ami じゃないですよねぇ…

 

faire plaisir à qn「〜を喜ばせる」は日常よく使う表現です。たとえば、

Ça me fait plaisir d’entendre ta voix. 
君の声が聞けて嬉しいよ!

 

 

「en allant / en arrivant / en partant」の様な « en + 現在分詞 » の型は、「〜しながら / 〜する時に」と2つの動作の同時性を表現できます。たとえば、

 

Tu m’appelles en arrivant ?
着いたら電話して。

Je prends une douche tout de suite en rentrant du boulot.  
ぼくは仕事から帰ったらすぐシャワー浴びるんだ。

 

 

« Qui ne cherche pas à te voir, ne souffre pas de ton absence. »   Anonyme

 

『君に会おうとしない者は、君がいなくたって苦しみはしないよ。』

さみしいけど、真実かな…

 

chercher à + inf. 「〜しようとする/〜したがる」この表現も知っておくと便利。たとえば、

Elle cherche à savoir qui elle est la fille avec qui je dîne ce soir.
彼女は、僕が今夜夕食をともにする女の子が誰なのか、知りたがっている。

 

souffrir de qc.「〜で苦しむ」
absence「♀不在」

 

« Pour critiquer les gens il faut les connaître, et pour les connaître, il faut les aimer. »   Coluche

 

『人を批判するには、その人たちをよく知る必要があり、よく知るためには、その人たちを愛さなければならない。』

たしかに critiquer les gens や juger les gens は難しい行為ですね。

 

critiquer「批判する」
il faut + inf./ que +subj.「〜する必要がある、しなければならない」

 

 

« Mettre quelqu’un en dehors de ta vie est parfois nécessaire pour ton bien-être. Ne te sens pas coupable pour ça ! »   Anonyme

 

『誰かを自分の生活から追い払うことは、心身の安らぎのためには時には必要。そのことに罪悪感を持たないで!』

なるほど確かに。自分にとってネガティブに作用する人ならそっとサヨナラすればいいわけです…

 

en dehors de「〜の外に」
bien-être「♂心身の満足感/安らぎ」
se sentir coupable「罪の意識を感じる」

 

 

« Donner une deuxième chance à quelqu’un qui t’a trahi c’est comme donner une deuxième balle à quelqu’un qui t’a manqué. »  Anonyme

 

『君を裏切った人に2度目のチャンスをあげることは、君を撃ち損ねた人に2発目を与えるようなものだよ。』

ふむふむ。1回裏切った人にはまた裏切られるよってことね… 人を信用してあげることって大切なんだけど、裏切られた後だと難しいですね。

 

manquer「欠く」という動詞はちょっと曲者です。

 

この文の Il t’a manqué. は rater と同意で「彼は君を仕留め損なった」ですが、manquer à qn の型も日常よく使います。たとえば…

Paris me manque.「パリが恋しい…」
Tu m’as manqué.「君がいなくて寂しかったよぉ」

てな具合です。

 

chance「♀機会・運」
trahir   「裏切る」

 

 

« Un jour l’amour a dit à l’amitié : Pourquoi existes-tu puisque je suis là ? L’amitié lui répond : Pour amener un sourire là où tu as laissé des larmes. »  Anonyme

 

『ある日、愛は友情に言った「何で君が存在してんの?僕がいるってのにさ。」友情は愛に答えた「微笑みを運んで来るためだよ、君が涙を残して行った場所にね。」』

なんと、うつくしい… 😭

 

puisque「〜なので」は既知の事実を提示する場合に使う接続詞。未知の事実の場合は parce que ですね。

amener「〜を連れて来る/行く」
là où… 「〜の場所に」

 

 

おわりに

若い頃は愛とか友情とか深く考えたこともなかったけど、歳とるとこういうテーマが響きます… 家族やカップル同士の愛はもちろん、友情も素敵なんです。いいなあ…と思える Citations に出会えたら追加していきます。