名言で学ぶフラ語「ココシャネル」編

名言・名フレーズで学ぶフランス語【ココ・シャネル】編

 

名言・名フレーズで学ぶフランス語。

今日は、一代であのCHANELブランドを築き上げた『ココ・シャネル』さんの名言です。

本名はガブリエル・シャネル Gabriel Chanel 。

彼女は、特に女性にむけた数多くの名言を残しました。

今回はその中から、楽しくフラ語を勉強できそうな文をいくつかピックアップ。

それではさっそく、ごらんください!

 

スポンサーリンク

【ココ・シャネル】の名言で学ぶフラ語。

« Une femme sans parfum est une femme sans avenir. »  

『香水をまとってない女性は、未来のない女性ね。』

 

これは彼女の名言中の名言。

この文のせいじゃないだろうけど、フランス人は女も男も香水好き。むかし私はこの文意にビビって、香水をつけ始めました。

femme   ♀女性
parfum   ♂香水
avenir    ♂未来

 

« Ma vie ne me plaisait pas, alors j’ai créé ma vie. »

『私は自分の人生が気に入らなかったわ。だから自分で自分の人生を新しく生み出したの。』

 

強いです。内にあるエネルギーが半端ではない感じの発言。

A  plaire à B    AはBの気に入る
例) Ça t’a plu?  それ気に入った?

vie     ♀人生・生活
créer   創造する

 

 « La vraie générosité, c’est d’accepter l’ingratitude »

『本当の寛容とは、恩知らずな行為を容認することよ。』

 

忘恩を受け入れられる心の余裕が寛大さ。

générosité   ♀寛大・寛容・気前良さ
accepter     受け入れる・受容する
ingratitude   ♀恩知らずな行為

 

« Pour être irremplaçable, il faut être différente. »

『掛け替えのない存在でありたければ、独創的でありなさい。』

 

形容詞 différent の最後に e がついてます。シャネルさんは女性に向けて発信したと読めます。

irremplaçable   置き換えられない
il faut +inf.     〜の必要がある
différent(e)    違った・斬新な

 

« L’élégance est quand l’intérieur est aussi beau que l’extérieur.»

『エレガンスとは、内面が外見と同じくらい美しいこと。』

 

外側だけ着飾っていてもダメですよ!でもつい外装備で保身しちゃいます…

 “A est aussi 〇〇 que B”「AはBと同じように〇〇だ」の同等比較級の節が組み込まれた文。

 

élégance  ♀上品さ・優雅さ
intérieur    ♂内側
extérieur   ♂外側

 

« Les seuls beaux yeux sont ceux qui vous regardent avec tendresse. »

『唯一の美しい目、それはあなたのことを優しく見つめる目よ。』

 

« ceux » は指示代名詞 celui の複数形。これで名詞 yeux の反復を避けてます。

seul     ただひとつの
œil/(pl.)yeux   目・眼差し
tendresse   ♀思いやり・愛情

 

« Le luxe, ce n’est pas le contraire de la pauvreté mais celui de vulgarité. »

『 “贅沢” は “貧乏” の反対ではなく、”下品” の反対よ。』

 

つまり贅沢とは「品が良い」ってことね。

ここでも指示代名詞 celuile contraire の反復使用を避けてます。

 

luxe     ♂贅沢・豪華
contraire   ♂反対
pauvreté   ♀貧困
vulgarité   ♀下品さ

 

« La parure, quelle science! La beauté, quelle arme! La modestie, quelle élégance ! »

『装いは知恵!美しさは武器!謙虚さは、なんというエレガンス!』

 

Quel (le) は後に名詞を付けて「なんという〇〇!」と感嘆意を表せる形容詞。

例) Quelle chance !  なんてラッキー!

 

parure     ♀装い
science   ♀科学・教養・学識
beauté    ♀美
arme       ♀武器
modestie  ♀謙虚さ
élégance  ♀ 優雅さ

 

« Rien ne rend une femme aussi vieille que d’essayer désespérément de paraître jeune.»

『必死に若く見せようとするほど、女性を老けさせるものはないわよ。』

 

シャネルさん、厳しい。年相応の美を追求しなくてはなりませんね。

この « A rendre B+属詞 » の使い方は覚えておくと便利。「AがBを〇〇な状態にする」の意。

例) Ça me rend malade ! もうイヤになるよ!

 

Rien ne…   何も…ない。
vieux (vieil)/vieille  年老いた
essayer de +inf.  〜しようと試みる
désespérément   死に物狂いで
paraître + 属詞 〜のように見える

 

« Si une femme est mal habillée, on remarque sa robe, mais si elle est impeccablement vêtue, c’est elle que l’on remarque. »

『もし女性が下手な着こなしをしていたら、服の方が目立ってしまうの。でも完璧に着こなしていたら、その彼女自身に目がいくものよ。』

 

ほー。ファッションのプロは目のつけ所がちがいます。

mal     下手に
habillé   服を着た
remarquer  〜に注目する
robe   ♀ワンピース・ドレス
impeccablement   非の打ち所なく
vêtu     身なりをしている   

 

« On peut vous aimer malgré de grands défauts mais vous haïr pour de vraies qualités ou de grandes vertus. »

『あなたが大きな欠点を持っていても、人はあなたを愛せる。けれど、あなたが持つ本当の素質や美徳に対しては、人はあなたを憎むものよ。』

 

これぞ、嫉妬や妬みジャルージー!

複数形の形容詞が名詞の前にある場合、de grandes défauts のように、冠詞 desde に変わるのが基本です。(ただし話し言葉では変化させないケースもあり)

 

défaut   ♂欠点  
haïr    憎む・嫌う
qualité   ♀長所・美点
vertu    ♀美徳

 

« Le visage est un miroir où se reflètent les mouvements de la vie intérieure: accordez-lui beaucoup de soins. »

『顔は、精神面の様子が反映する鏡よ。しっかり大切にケアなさい。』

 

この «où» は場所を示す語の関係代名詞。先行詞は un miroir.   

visage      ♂顔・顔つき
miroir     ♂鏡
se refléter    反映される
mouvement   ♂動き・変動
intérieur(e)    内の
accorder qch à qn   〜に〜を認めて与える
soin    ♂お手入れ・入念さ

 

おわりに

彼女の名言は「ほんとその通りよ!」と叫びたくなる内容ばかり。女性として忘れてはならない大切なポイント満載なので、ときどき読み返しては良い戒めになっています。

今回も最後まで読んでくださり、ありがとうございます。みなさんがこの『ココシャネルの名言』で、フラ語やっぱり好きだ!と感じていただけたら幸いです。それでは、また次回!

参考・Citation célèbre de Coco Chanel Le Parisien