ふら語表現"bien dans sa peau" 今の自分が好き

フラ語の表現【bien dans sa peau】肌の中が心地よい?

みなさん、こんにちは。

今日のフラ語表現は【bien dans sa peau】です。

 

よく使われる表現なのですが、ドンピシャな日本語がうまく見つからない、なかなかのクセモノ。

でも知ってると便利な表現なので、今日はちょっとこの bien dans sa peau を紹介します。

それではどうぞ、ごらんください♪

スポンサーリンク

être bien dans sa peau

ふら語表現"bien dans sa peau" 今の自分が好き直訳すると「自分の肌の中で心地よい」という表現から、

être bien dans sa peau

「今の自分で幸せ、快適、調子が良い」

といった意味になります。

つまり、自分を受け入れられてるかどうかの視点になります。

 

この bien dans sa peau は、動詞 être  se sentir とよく一緒に使われます。

もちろん否定形 ne pas bien dans sa peau や、bien の反意語 mal dans sa peau も使えます。

それでは例文を少しどうぞ。

 

転職した旦那の様子を聞かれて、

– Il a de grosses responsabilités avec son nouveau job, malgré ça je trouve qu’il est bien dans sa peau.

彼、新しい職場での責任が大きいわりに、調子よくやってると思うわ。

gros「巨大な」
responsabilité「♀責任」
malgrès「にもかかわらず」

 

幼馴染の友人の話題になって、

– Depuis qu’il a fait son coming out, il est beaucoup mieux dans sa peau.

彼、カミングアウトしてから、グンと調子いいよね。

depuis que「〜以来」
mieux「より良い」bien の比較級

 

最近友達が元気ないので理由を聞くと、

– Je me trouve trop grosse. Je me sens mal dans ma peau.

私すごく太ってると思うの。もう気分が悪くて…

se trouver「自分が〜だと思う」

 

本当にうまい日本語が見つからない表現なのですが「今の自分に対する心地よさ」を表せる、すごく便利な表現です。何となくでも表現のイメージがつかめたなら、どんどん使ってみてくださいね。

それではまた次回♪

ふら語表現"bien dans sa peau" 今の自分が好き
最新情報をチェック