パリでインベーダーを探せ!

パリの散歩【インべーダー】を探しながら歩く。

みなさん、こんにちは。

今日はパリで見かけるストリートアート【インベーダー】についてです。

 

パリの街をぶらぶら散歩する時に、風景やお店を見て歩くだけじゃなくて、インベーダーを探しながら歩くのは、楽しいのでオススメですよ!

スポンサーリンク

パリの散歩には「インベーダー」を探せ!

パリにも、世界のほかの都市同様、ストリートアートがたくさんあります。建物の壁はもちろん、電車の車両や、地下鉄の内壁、アクセス不可能と思われる場所でも、とにかく余白がある所は何でもキャンバスになっています。「落書き」と済ましてしまうにはもったいないほど、質の高いものも見かけます。

パリでインベーダーを探す

インベーダーのピクセルアート。
作品は、建物の角面で2階床の高さに設置されていることが多い。

 

そのパリの人気ストリートアートの一つに「インベーダー」と呼ばれる、モザイクアートがあります。ファミコン前の世代ゲーム「スペースインベーダー」から作品モチーフと発想を得たもので、1998年ごろから活動が始まったそう。アーティストの身元は不明です。

パリのインベーダーを探せ!

パリで一番狭い通り
「Rue du chat qui pêche 釣りするネコ通り」の作品。

 

インベーダーは世界中の都市に進出しており、パリには1400匹以上も存在します。モチーフも単純なインベーダーだけでなく、その土地に関連したテーマで、メッセージ性を持たせたものもあります。歪みなくキッチリと設置されるなど質も高く、かつユーモアが感じられる作風なため人気があり、違法といえど芸術的イタズラとしてフランスでは受け入れられているようです。ですが、年月とともに劣化している作品もあれば、工事と同時に撤去されてしまったもの、なかには何者かに盗まれている作品もあるとか。

パリでインベーダーを探せ!

「ミニョン mignon 可愛い」にかけて、
可愛く花束を持ったミニオン。

 

パリの散策に飽きてきたら、インベーダーを探してみてください。パリだけでなく世界、特にヨーロッパの都市へは大きく侵略しているようです。作家「インベーダー」のウェブサイトがあり、インベーダーの世界侵略がわかるマップや、作品写真などが観察できます。

モザイクアート「スペースインベーダー」のサイト
https://www.space-invaders.com/world/